Amicus

会社情報

J.S さんのサムネイル写真
社員インタビュー【4】
患者さんの声から開発が始まる
創薬のあるべき姿を追求できる面白み
Clinical Study Operations Manager
J.S さん
アミカス社に入社する以前の経歴と入社のきっかけを教えてください。

私は大学院を卒業してから主に抗がん剤の臨床開発に携わってきました。抗がん剤は新たな作用機序を持つ薬剤が次々に登場する領域でやりがいを感じていましたが、4 年ほど前、私の家族がとある希少疾患を患っていることがわかりました。それまで担当していた悪性腫瘍とは違う次元で悩み苦しむ患者さんを目の当たりにし、家族の痛みと切実なアンメットニーズを自分自身で体験したことが私のターニングポイントですね。ちょうどそのタイミングで、アミカス社が臨床開発担当者を募集しているという話を聞き「これは何かの巡り合わせだ」と感じ、すぐにアミカス社にコンタクトしました。

臨床開発担当者の目からみると、アミカス社のパイプラインは非常にユニークで将来性を感じます。また、社員数が少ないぶん、ひとりひとりの責任範囲と裁量権が広く、これまでの自分の経験を最大限に生かせる点も魅力的でした。

当社の理念である「Patient Centricity」を実現するために、日々、どう行動していますか。

当社はCEOのジョン・F・クラウリーを筆頭に、市場規模が小さい領域だったとしても、価値ある薬を創造し、患者さんひとりひとりに希望を届けるという使命を共有しています。面接で本社(米国)のメンバーの熱い姿勢に触れたときは、嬉しい驚きを感じました。

新薬の開発においては、メディカル・ニーズはもちろん考慮されますが、同時にビジネス・チャンスを睨んでプロジェクトが立ち上がります。会社によっては、ともすれば市場と利益を優先して患者像は後付けという側面があるかと思います。一方、当社の創薬は患者さんとご家族の声に耳を傾け、理解するところから始まり、探索から臨床開発、市販後の各段階で患者さんに向き合って、その声を計画に反映させられる面白みがあります。ある意味で創薬本来のあるべき姿ではないでしょうか。患者さんとご家族の姿を具体的に思い浮かべ、日々の業務が彼らの将来の希望につながることを願い「なんとしてもやりとげよう」と行動することが「Patient Centricity」につながっていくのだと思います。

J.S さんのカフェでお仕事をする写真
日本の患者さん、ご家族に何をお届けしたい、と思っていますか。

とにかく、新薬という希望を1日も早く届けたいですね。患者さんとご家族にとって、治療方法が全くない、もしくは治療法があってもそれが唯一の選択肢で「最後の砦」になってしまうという状況は、生活していくうえでとても不安なことです。そうしたなかで、新薬や新たな治療の選択肢を専門医の先生方と共に確立し、「病気がわかったけれども治療法があるんだ」、「現在の治療の次にも新しい治療選択肢があるんだ」という安心感を届け、患者さんが将来をより前向きに考え笑顔でいられるような仕事をしていきたいと思っています。

仕事をするうえでのモチベーションは何でしょうか。

自身の仕事により、希少疾患に苦しむ患者さんに新薬を届けることにつながるということはもちろんモチベーションにつながっています。加えて、単なる一開発国の担当者というポジションではなく、臨床開発のグローバル・チームに所属しているので、日本の中だけでなく欧州や米国など各国のメンバーと常にやり取りしています。日本の担当者という枠だけにとどまらない点と国際共同臨床試験全体に対する貢献度が大きい点は強いモチベーションになっています。

※2020年12月時点での情報です。
NP-NN-JP-00031120

ホーム

会社情報

医療関係者の皆さま

患者さん・一般の皆さま

採用情報

お問い合わせ